人気ブログランキング |
ブログトップ

Herbalastrology

herbala.exblog.jp

*☆植物と惑星と。。。。。☆*

<   2008年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ちょっと前に発刊された<からだは星からできている>佐治晴夫著に、人間の体は地球の構成物質とほぼ同じであると記されている。水分70%の地球において、生物の誕生、生存が可能になり、そして引力があって、今の人間の形が作られていると。。。。。。頭が一つ、腕、脚2本づつ、そして指が5本あってと。もし、地球の構成が違っていたらまた人類の形態は違っていたのではないかと。

人の体は塩分もあり、カルシウムもあり、鉄分等の鉱物があることは良く知られています。塩分が過度に体外に排出されると疲労を感じたり、カルシウムは骨格をささえたり、鉄分にいたっては不足すると貧血状態になったり、亜鉛が足りなくなると味覚障害になったりと不足すると何がしかの不調を感じたり、私たちも体内の鉱物の存在を身近に感じることがあるのではないでしょうか?

古くから、人は鉱物でも治療をしていました。それは、人体の構成の中に鉱物が含まれているからに他ならないからでしょう。そして、その鉱物を適度に取り入れられるために、植物は人との間を媒介しているという事です。このお話はまたのちほど。。。。。

c0164335_21142388.jpg


←Hans Sloane卿のコレクション<ミネラル>:大英博物館蔵
Minerals as medicines
by herbalastrology | 2008-08-15 21:18 | Planets
人類は昔から、空を眺め星を読むことによっていろいろな事を予測していたようです。
小学生の時に習った4大文明(チグリス・ユーフラテス、エジプト、インド、中国)に記された地域には必ずといっていいほど、占星術が存在しています。国土を守るため、自分(国)の領域を広げるなどの目的があったのも事実ですが、生きるための農作物をより確保するために、天文学の知識は必須だったようです。(洪水の予知など)
c0164335_1516940.jpg

←これは比較的新しい時代のものですが(と言ってもルネッサンス期ごろ)天球儀なども、美術館などに残されていますし、
c0164335_15184863.jpg
天球盤のようなものも残されています。

はるか昔、天文学と占星学は同等の扱いを受けていたという歴史がありました。

中世期においては、ハーブは修道院の中で育てられ、活用されていました。シェークスピアの作品にもよく登場するのでご存知の方も多いことでしょう。そして、そのハーブの育て方も惑星の動きによって(特に月)によって行われていたという文献も残っています。そしてこれは今もダイナミック農法という形で実行されています。

16世紀には、ニコラス・カルペパーがコンプレート・ハーバルという薬草療法の本を発刊し一般にも広められました。このことは当時のロンドン薬剤師協会に随分と疎まれたと言う事です。それは特権階級のものという認識を打ち砕いたためでした。

c0164335_15242321.jpg


当時の医師・薬剤師は星の運行が読めるという事が必須だった時代でした。占星学は大学の医学部の必須科目だったということです。

これが、現代の発達した医療体制の中でどう役立つかはそのメッセージがいかに受け取られることかという事にかかってくるとは思います。
些細な事でも、自分自身、大事な人、家族の健康が守っていければとても素晴らしい事に繋がります。そんな星のメッセージを少しづつでも体感してみませんか~☆*
by herbalastrology | 2008-08-04 15:32 | astrology
太古の昔から、植物は人類のそばに居て生きることをサポートしてくれていました。
人は星を読むことによって、いろいろな生きる知恵をはぐくんできました。

そんな星のメッセージを読みつつ、植物の恩恵に与る。。。。。。

それが、Heralastrology*ハーバルアストロロジーです。

貴方も星のメッセージを聞いてみませんか*☆*
そして、毎日の生活に取り入れてみませんか~☆*

アロマセラピストの立場からハーバルセラピーとアストロロジーを融合させご案内させていただきます。
by herbalastrology | 2008-08-01 19:13 | Blog profile